遺言書作成 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言

03-6915-2301(10:00~18:00 相談無料)相続税・相談手続き相談室

メールでのお問い合わせ 相続税・相談手続き相談室

相続税・相談手続き相談室TOP

遺言書作成 相続税・相談手続き相談室

  1. 相続税・相談手続き相談室TOP
  2. 遺言書作成

遺言書作成イメージ

これまでの経験上、遺言書を作れば必ず争いが避けられるわけではありません。
しかし、遺言者の想いや考えがきちんと伝わるような遺言書を遺してあげれば、それは必ず伝わるものだと感じています。
また、相続人以外の方に遺産を遺したい場合など、必ず遺言書を作らなければならない場合もあります。
当事務所では、遺言者様の想いをしっかりと遺せる遺言書の作成を支援いたします。また、相続税の特例など、節税を意識した遺言書の提案もさせていただきます。

遺言の種類

自筆証書遺言

遺言内容を自筆したうえ、日付、署名、押印をして作成します。
手軽に作成できる点がメリットですが、内容に不備があると無効となる場合があります。
また、開封時には家庭裁判所の検認が必要になります。

公正証書遺言

遺言者が、公証人役場にて遺言内容を伝え、公証人が遺言書を作成します。
専門家が作成するため、内容に間違いがありません。また、一通が公証人役場に保存されるため、偽造や変造の恐れがなく、開封時の検認も不要です。
作成の際には、証人が2人必要になることと、多少費用が掛かる点がデメリットではあります。

秘密証書遺言

遺言者が遺言書を作成し、封をしたうえで、公証人役場にて遺言の存在を証明してもらい作成します。
ワープロ等での作成も可能ですが、遺言内容等はチェックされず存在だけが証明されるもので、内容に不備があれば無効となります。開封時の検認も必要になります。

当センターでは、遺言内容が確実に執行されることや、相続発生後の手続きの確実さから、公正証書遺言の作成を推奨しております。

このような方は遺言を遺しましょう

遺言書作成イメージ

  1. 子のいない夫婦
  2. 先妻と後妻の子のいらっしゃる方
  3. 家業や会社を継ぐ子のいらっしゃる方
  4. 相続人以外の方(子の妻やお世話になった親族でない方など)に遺産を遺したい方
  5. 財産を与えたくない相続人のいらっしゃる方
  6. その他争続の可能性を減らしたい方

公正証書遺言作成までの流れ

  1. 1.初回打合せ
    遺言内容、ご家族の状況、財産内容等をお伺いします。
    お伺いした内容を基に、遺言書原案を作成しますので、何でもお申し付けください。
  2. 2.遺言書原案の作成
    遺言の内容をまとめ、原案を作成します。
    また、公正証書遺言作成のための必要資料も合わせて作成します。
  3. 3.公証役場と事前協議
    遺言内容に問題がないか、公証人に事前にチェックしてもらいます。
  4. 4.公証役場にて
    遺言者、証人2人(必要であれば、当センターにてお受けします)で公証役場へ行き、
    遺言書を作成します。

ご契約までの流れ

  1. 電話・メール等により無料相談のお申込み
  2. 無料相談(ご希望の確認、状況のヒアリング)
  3. 業務のご提案(業務内容 、スケジュール、お見積りの提示)
  4. ご契約(ここから料金が発生いたします)
  5. 業務開始

初回相談無料!申込みフォームはこちら

ページTOP